敷金請求トラブルでお困りの方へ

敷金請求トラブルでお困りの方へ。

こんにちは。最近知ったのですが、賃貸マンションなんかで、敷金ってあるじゃないですか。部屋の修繕やクリーニング代なんかのために預けるおかねですよね。これにまつわる金銭トラブルが、後を絶たないそうなんです。

引っ越しのときに、多額の敷金を追加で要求されるトラブルなのですが、あなたにも覚えがあるのではないでしょうか?

私も実は引越しをする機会があったのですが、知り合いに敷金トラブルの代行をされていらっしゃる方がいたおかげで、余計なお金を払いすぎるのを防ぐことができました。

質問はこちらからどうぞ


続きはこちら

支払う必要のない敷金がわかります

私も知らなかったのですが、敷金として請求された、これらの清掃費用は、じつは貸主が支払うべき費用であり、借主が支払うお金ではないことが、消費者契約法という法律で定められているのです。

この内容は、今回のトラブルで私がおせわになった、敷金返還代行サービスの方が、敷金返還トラブルの被害者の方にむけて書かれた、無料のレポートに詳しく書かれていたので、間違いない情報です。しかしこの程度の根拠をもとに交渉を開始しても相手もプロなのでなかなか簡単にはいかないでしょう。

とりあえず、様々な事例が書いてあって、とても参考になった無料レポートに、貴方も目を通されてみてはいかがでしょうか?

「敷金返還トラブル一発解消テクニック」というホームページへにいっていただき、無料レポートをダウンロードしてみてください。きっとお役に立つと思います。

続きはこちら

無料情報はいかがでしたか?

まえの回に、ためになると思って無料レポートを紹介しましたが、お読みいただきましたか?

これをみていただければ、自分がどれくらい敷金を払いすぎているのかとか、知りたいことがたくさんわかって参考になりますよねー。僕はじつは有料のサービスにも加入したのですが、こちらもずいぶんとためになりましたよー。

最初はネットからの購入は抵抗があったのですが、こちらのサービスはすぐに商品も届いたし、そのあとのフォローも親切で何の問題もなかったですよ。じつはこちらのサービスに申し込んだおかげで、すぐに払いすぎていた敷金を奪還することに成功したのです。10万円も取り戻すことができたんですよー。彼女と旅行にいっちゃいました。

もしもあなたも被害に遭っておられるのでしたら、検討してみて損はないサービスだと思います。

なにかご不明な点などありましたら、僕でお答えできる内容でしたら相談にのれますよ。
何でも気軽に連絡ください。

質問はこちらからどうぞ


では次回は、その他の敷金マニュアルをくらべてみますね。

続きはこちら

敷金にまつわる恐い話

みなさん、敷金って必ずもどってくるというふうに、間違った認識をお持ちではないでしょうか?

僕が経験した事例だけではなく、世の中ではたくさんの敷金トラブルの事例が報告されているのです。

借主に過失がなくっても、たくさんのそれも本来であれば借主が支払う必要のない敷金が請求され続けているのです。

しかもそれは、悪徳業者と呼ばれるような、悪い業者に限った話ではなく、大手を含めてのことなんですよ。

しかし、なぜこの敷金返還に関わるトラブルが、後を絶たないのかあなたにはわかりますか?

本来、借主が払う必要のないお金を、当然のように請求してくるのは何故でしょうか?

じつは、不動産業者は、不当な敷金であることを十分理解したうえで、水増し請求を続けているのです。

それは、どうしてなのか 種明かししましょう。

じつはこのような水増し請求は 犯罪として取り締まれないからなんです。

罪に問われることがないのですから、なるべくばれないように口を合わせてぼったくろうと思うのは当然でしょう。

恐ろしいですねー。これでは、いつまでたっても敷金返還トラブルはなくならないでしょう。

逆に、家賃収入などが下がってきているため、敷金で儲けようという考え方が蔓延してしまっていると考えた方が良いようです。

今ならまだ間に合います。是非僕のおすすめするマニュアルで大切な敷金を守ってください。

まだ、賃貸に住んでいる方は、無料レポートにそって、賃貸契約書に目を通してみてはいかがでしょうか。

もう支払っちゃたよーという方も、このマニュアルならまだ取り返すことが可能ですよー。

今度はその辺の話をしたいと思います。

続きはこちら

質問はこちらからどうぞ

敷金をとり返せる期限はいつまで

僕のブログを見てくださっている方には、もう敷金を支払ってしまっている方も多いことだと思います。

既に支払いいてしまった敷金もご安心ください。取り戻すことができます。

敷金返還請求には時効が定められており、領収書などの証拠があれば、時効内であれば、さかのぼって敷金返還請求をすることが可能なのです。

じつは敷金返還請求の時効は、5年間 なのです。ですから大抵の方は、敷金返還請求をしていただくことができると思います。

あとは、僕のおすすめしている敷金返還マニュアルなら、あなたは内容証明書をポストに入れるだけで、高額に支払ってしまった敷金を取り戻すことができるでしょう。

しかも、内容証明書は、敷金返還マニュアルの著者が、あなたのために作成してくれる、画期的なシステムなのです。

それに、もしあなたが賃貸を借りていた業者や大家がとても頑固だったりしてなにかトラブルになったとしても、サポートが付いていますので、問題解決まで、誠心誠意サポートしてもらえるのです。

さらに、それでも敷金が奪還できなかった場合には、マニュアル代金を全額返還していただける保証までもが付いているのです。

他のマニュアルでは、自分で作業しなければならないので最後までやり遂げられるか心配でした。

でも、このように手厚いサービスの付いたマニュアルだったからこそ、次の引っ越しが忙しく、あまり時間のない僕にも敷金返還ができたと今から考えると、このマニュアルを選んで正解でした。

質問はこちらからどうぞ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。