敷金をとり返せる期限はいつまで

僕のブログを見てくださっている方には、もう敷金を支払ってしまっている方も多いことだと思います。

既に支払いいてしまった敷金もご安心ください。取り戻すことができます。

敷金返還請求には時効が定められており、領収書などの証拠があれば、時効内であれば、さかのぼって敷金返還請求をすることが可能なのです。

じつは敷金返還請求の時効は、5年間 なのです。ですから大抵の方は、敷金返還請求をしていただくことができると思います。

あとは、僕のおすすめしている敷金返還マニュアルなら、あなたは内容証明書をポストに入れるだけで、高額に支払ってしまった敷金を取り戻すことができるでしょう。

しかも、内容証明書は、敷金返還マニュアルの著者が、あなたのために作成してくれる、画期的なシステムなのです。

それに、もしあなたが賃貸を借りていた業者や大家がとても頑固だったりしてなにかトラブルになったとしても、サポートが付いていますので、問題解決まで、誠心誠意サポートしてもらえるのです。

さらに、それでも敷金が奪還できなかった場合には、マニュアル代金を全額返還していただける保証までもが付いているのです。

他のマニュアルでは、自分で作業しなければならないので最後までやり遂げられるか心配でした。

でも、このように手厚いサービスの付いたマニュアルだったからこそ、次の引っ越しが忙しく、あまり時間のない僕にも敷金返還ができたと今から考えると、このマニュアルを選んで正解でした。

質問はこちらからどうぞ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71697765

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。