敷金にまつわる恐い話

みなさん、敷金って必ずもどってくるというふうに、間違った認識をお持ちではないでしょうか?

僕が経験した事例だけではなく、世の中ではたくさんの敷金トラブルの事例が報告されているのです。

借主に過失がなくっても、たくさんのそれも本来であれば借主が支払う必要のない敷金が請求され続けているのです。

しかもそれは、悪徳業者と呼ばれるような、悪い業者に限った話ではなく、大手を含めてのことなんですよ。

しかし、なぜこの敷金返還に関わるトラブルが、後を絶たないのかあなたにはわかりますか?

本来、借主が払う必要のないお金を、当然のように請求してくるのは何故でしょうか?

じつは、不動産業者は、不当な敷金であることを十分理解したうえで、水増し請求を続けているのです。

それは、どうしてなのか 種明かししましょう。

じつはこのような水増し請求は 犯罪として取り締まれないからなんです。

罪に問われることがないのですから、なるべくばれないように口を合わせてぼったくろうと思うのは当然でしょう。

恐ろしいですねー。これでは、いつまでたっても敷金返還トラブルはなくならないでしょう。

逆に、家賃収入などが下がってきているため、敷金で儲けようという考え方が蔓延してしまっていると考えた方が良いようです。

今ならまだ間に合います。是非僕のおすすめするマニュアルで大切な敷金を守ってください。

まだ、賃貸に住んでいる方は、無料レポートにそって、賃貸契約書に目を通してみてはいかがでしょうか。

もう支払っちゃたよーという方も、このマニュアルならまだ取り返すことが可能ですよー。

今度はその辺の話をしたいと思います。

続きはこちら

質問はこちらからどうぞ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71606772

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。